Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「 保育士 つらい 」一覧

保育士としての生活がきつい・・・

保育士としての生活がきつい・・・

子どもの頃に憧れていた保育士という職業に就いたけれど・・・現実は、子どもの命を預かる責任の重さや、女の職場特融の人間関係の難しさ、サービス残業・持ち帰り仕事・休日出勤あたりまえの体力的なつらさで、毎日がボロボロの生活。保育士仲間も性格の微妙な人が多く相談も無理!保育士の生活が本当にきつい!疲れた。正直辞めたい。

保育士…正直もう疲れた。つらい。。。

保育士…正直もう疲れた。つらい。。。

保育士さんって女性の職場における3K(きつい、帰れない、厳しい、給料が安い、気を使う等)の代表格の職業だといわれています。保育士さんって本当にハードワークで疲れるんですよね?それに加え、女性社会で気を遣う、賃金や待遇が悪いなど、疲労感を増幅する事柄に満ちた世界ですよね?保育士さんが疲弊しない方法について考えてゆきます。

『保育士』は将来ロボットに取って代わられる!?

『保育士』は将来ロボットに取って代わられる!?

深刻な保育士不足の現在、なんと政府は「保育士ロボットの導入」を発表した!?保育士の一人あたりの業務負担が多い点は保育士の離職原因のひとつとなっています。そんなハードワーカ―な保育士さんの手助けをロボットができるのか?はたまた、人間ではなくロボットだけが働く保育園が実現する日は来るのか?保育士の職業は消えてしまうのか?

保育士にすべての責任を押し付ける保育園がある!?

保育士にすべての責任を押し付ける保育園がある!?

深刻な保育士不足の原因ともいわれている、潜在保育士さんが復職を希望しない理由の上位には「保育士の責任の重さ」があります。実際、長時間子供の命を預かる保育士の責任は重大なものです。しかし、きちんと危機管理をして問題や事故を未然に防ぐ努力をしている保育園では驚くほど事故や問題、クレームが少ないんです。