保育士が園長になるにはどんな資格が必要??

未経験からの園長職保有件数最多

こちらから⇒「マイナビ保育士」

保育士さんの頂点ともいえる

『園長』って…

どうやったらなれるんだろう??

『園長』になるには、

何か特別な資格を取得する

必要があるのかしら??

保育士を続けながら、

将来はひそかに保育園の『園長』

目指している。。。

という保育士さんも

実は多いのではないでしょうか(*^^)v

そこで、

保育園の『園長』になるには

どうすればいいの?

『園長』になるには、

どんな資格が必要なの??

という疑問について、

お伝えさせていただきます!

保育園の『園長』になるにはどうすればいいの?

☆『園長』の実際の仕事ってどんなもの?

「園長」になるには?

という事をお伝えする前に…

実際的な「園長」の仕事って

どんなものなの??

職員室でパソコンいじってたり

なんか外出してるけど・・・

ホントは何しているの?

という点について

ご紹介しますね!

保育園の「園長」の主な業務

◎園児・保護者のサポート

園長も保育士の一人として

在園児や保護者のサポートを

おこないます。

登園時に門に立って

園児を迎えたり、

保護者の疑問や不安の相談に

乗ることもあります。

◎保育園の環境整備・保守

園内・園外の安全確認

給食の検食(検査)

◎保育士の指導・管理

問題や現状把握をして、

適切に指導する。

新規保育士の採用

シフト管理

評価・給与等の算出等

◎対外交渉

行政との連絡・交渉等

研修・園長会など会議に出席

「園長」は保育園の

代表・責任者ですので、

朝一番に出勤し保育園を開場し

最後の保育士さんが帰るのを確認し

施錠して帰るというのが多いようです。

ただ、

長時間勤務ですので

開錠または施錠をほかの保育士に

任せるという場合もあります。

また、

保育園内に常に意識を向けながら

園外にもアンテナを張ってゆく

必要があります。

難しい会議や交渉なども

園長の仕事になります。

しかし、

保育園の顔として

保育園のカラーを決定するのも

園長の一番大切な役割です!

「信頼できる園長が居る

 保育園だから安心して預けられる」

「園長が居るだけで

 保育園が明るくなるみたい…」

そんな園長先生に逢った事って

ありませんか??

私もそういった園長先生の元で

働いた事が何度もあります。

そしてそういった時期は

保育士としても充実して働く事が

できました。

『園長』は責任が重い役職ですが

その分やりがいのある仕事でもあります!

未経験可の園長職は

こちらから⇒「マイナビ保育士」

☆公立保育園の『園長』になるには?

公立保育園の園長になるには、

まず公務員試験を受けて

公立保育園の保育士に正社員

採用される必要があります。

そして、長く公立保育園で

勤めながら昇格試験を受けて

じょじょに昇格してゆきます。

実際の役職とそれに至る

最短所要年数の目安は…

新人(1年~2年)⇒

リーダー(3年以上)⇒

主任保育士(8年以上)⇒

園長(15年以上)

※その市区町村によって

規定年数は異なります。

大体最低所用年数としては、

この程度の期間となっていますが・・・

公立保育園は人気のある保育園ですし

職員も多いのでここまで早く

キャリアアップする方は

ほとんどいらっしゃいません!!

さらに、

園長昇格試験に合格しても、

園長のポストが開いていなければ

園長になることはできません…

ですので、

園長職を希望していたけれど

定年が来て一生公立保育園の園長には

なれなかったという保育士さんも

結構多いんです(T_T)

そして実際には、

公立保育園の園長の方は

実質定年前5年間ぐらいのみ

園長をされる方が多いようです。

でも、

そこまでの35年間何事もなく

保育士として勤めづつける事は

容易な事ではありません。

さらに、公立保育園民営化が進み

今後公立保育園はほとんど無くなって

しまう可能性も高いんです。

ですので、

公立保育園の園長になるのは

かなり難しいんです・・・

☆私立保育園の『園長』になるには?

公立保育園の園長になるのは

ライバルの多さや保育園民営化などで

とても難しいんです・・・

でも実は、

公立保育園の園長にこだわらなければ

園長の職は現在増加しているんです!!

というのも、

昔は地域に1つの大規模園に

一人の園長だけ・・・

という構造だったのですが、

現在待機児童問題を解消する為

小規模保育園を各所に数多く

増設しています。

ですので、

そういった小規模園の園長職の

ニーズが増加しているんです。

さらに、

公立保育園に比べて格段に

こういった小規模園の「園長」

ポストが身近なんです!!

というのも、

私立保育園の「園長」

その私立保育園が独自に選定し

任命する事が可能だからです。

たとえば、

前職の園長がぜひにと

20代の保育士を園長にしても

何も問題はありません。

(園長としてやっていけるか

 という問題は別にして…)

また家族経営の保育園では、

保育士ではない親族の方が

代々「園長」を世襲されている

という場合もあります。

その場合は、

外部の人間がいきなり「園長」

なるのは難しいでしょう。

しかしそういった保育園は

ごく限られた一部のもので、

実際には経験豊富な保育士が

「園長」をされている保育園が

多いです。

待機児童問題が深刻化する中で

新規オープンする保育園も多く、

そういった保育園は一般公募して

優秀な保育士さんを園長として

採用するという事も多く見られます。

ですので、「園長」になるには

待機児童・保育士不足が深刻な

今が大チャンスなんです!!

保育園の『園長』に資格は必要??

保育園の園長の資格とは?

保育園の園長に

なってみたいけど…

「資格って何か特別に必要なの??」

と疑問を持ちますよね??

実は、

公立も私立も保育園の園長に

なるために特別な資格は

必要ありません。

※内部の昇進試験などを

パスする必要はある場合が

多いですが。

必要なのは…

☆豊富な保育経験

☆コミュニケーション能力

☆客観的・俯瞰的に

 物事を判断できる能力

☆こどもの幸福を一番に

 考えることができる人柄

など保育士として基本的な

能力ばかりです!!

私立保育園の「園長」の求人は、

現場経験のある保育士であれば、

誰にでもチャレンジできると考えて

いいでしょう。

むしろ過去の経歴よりも、

「こんな園が作りたい」

「こんなふうに子どもたちと

 関わっていきたい」という

強い熱意が考慮されます。

ですので、

「園長」になりたいと熱い思いの

ある保育士さんは…

ぜひ、

実際の保育園の「園長」の求人だけ

でも確かめて見てみてください。

業界大手の「マイナビ転職」ならば

信頼性が重要な「園長」職の求人が

ダントツに多いんですよ!!

登録・利用はすべて無料ですので、

最新の「園長」の求人を無料でチェック♪

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

⇒『園長職』の求人多数「マイナビ保育士」