潜在保育士さんが復職するなら今がチャンス!!

厚生労働省発表の潜在保育士数はなんと60万人!!

昨今、

保育士不足が問題になっていますよね?

そこで厚生労働省は必死で

保育士を増やす努力をしています。

けれど…

政策がちょっと見当違じゃない!?

って私は感じます。

例えば…

保育士不足だから

新規保育士を増やそう。

⇒保育士資格試験の実施数や要件の緩和

いやいや、潜在保育士だけでも60万人も

いますから。。。

問題にすべきは

保育士の賃金の低さや待遇の悪さから

早期離職・潜在保育士化という流れです。

⇒国で補助して民間保育士の給与を5%UP

保育士の平均給与って、

年間約214万円(平均35歳)です。

これに5%UPを上乗せすると

月額8000円UPで、

17万円⇒18万円になります。

しかし、これは給与額ですので

ここから保険料や税金などが引かれ

手取りは14~15万円弱になります。

「35歳で手取り15万円」って

まさにワーキングプアのモデルケース!!

国の補助で手取りが14万から

15万円にUPしたからって、

あなたは保育士になりたいと思いますか??

たぶん多くの保育士さんが

「NO!」

って回答すると思います。

潜在保育士さんが復職するならば今がチャンスです!

子どもの命を預かる責任

保育後の事務作業・書類作成

つらくても子どもの前ではいつも笑顔

モンスターペアレントや職場の人間関係で

神経がすり減る

土日祝日長期休み関係なし

そんな待遇が悪い職場で、

35歳になっても給料は15万円。

この案を作成した政治家や官僚たちは

実際に自分の生活レベルに当てはめて

考えたことがあるんですかね??

サービス残業を含めると、

5%UP後でもアルバイトの最低賃金を

下回っちゃいます。

国会で居眠りしている政治家の給与を

子供の命を預かる保育士の給与に

充ててもらいたいです!!

こういったデータを見ると、

厚生労働省や政府には期待できない

というのがわかっていただけると思います。

「え??

今も保育士の給与ってこんなに低いの?

じゃあ、普通にパーとした方がいいや~」

そんな風に思っちゃいますよね??

でも、ちょっと待ってください!

これは厚生労働省の見当はずれの

やり方です。

こんなやり方には頼れない!!と、

独自に保育士を集める努力をする

民間保育園が増えています。

給与や待遇面での優遇制度を

用意して、優秀な保育士を集めようと

どの園も必死です。

給与面だけではなく、

厚生労働省が運営する公立保育園には無い

特典もたくさん用意されています。

 

たとえば…

☆手取り月収25万円以上!

☆年に数回の長期休み確約!!

☆幼児教育の先進地域のヨーロッパに

研修旅行制度♪

こういった条件も珍しくありません!

保育士不足の今だからこそ、

保育園は保育士確保のために

好条件を必死に提示しています。

今後もし、保育士の高所得・好待遇が

あたりまえになってしまえば、

潜在保育士さんが60万人もいるのですから

保育士不足はすぐに終了してしまいます。

ですので、保育士不足の今の時期に

保育士に復職するのは大チャンスです!

⇒潜在保育士さん向けの研修会(無料)

保育士さんが好待遇・高賃金の職場を

選んで就職することで、

厚生労働省運営の公立園でも低待遇の保育園に

保育士が集まらず、待遇を改善せざる負えません。

現場から待遇改善につなげて行きましょう♪